錦織の敵は8位より10位 3回戦進出で145点差イズナーに警戒

公開日: 更新日:

「少ないチャンスをモノにできた。(ブレークチャンスを)2本中2本とも取れたので。最後の大会になる可能性もあるので、次も思い切ってプレーしたい。悔いのないように終わりたい」

 錦織圭(28)が31日、男子テニスのマスターズ・パリ大会でサウスポーのマナリノ(30=フランス)を7―5、6―4のストレートで下して3回戦進出、試合後にこう言った。

 目標は年間成績上位8人で争う11月のATPツアーファイナル。錦織は現在、3210点で9位。8位のティエム(25=オーストリア)とは325点、10位のイズナー(33=米国)とは145点差だ。4位のデルポトロ(30=アルゼンチン)が右膝蓋(しつがい)骨折で今季絶望視されているから、錦織は繰り上がり8位で出場できるかもしれない。

 今大会はグランドスラムに次ぐ格付けのマスターズ1000。優勝は1000点、準優勝は600点、4強は360点が加算される。錦織が325点差のティエムを抜けばツアーファイナルの出場は確実だが、強敵揃いの今大会でこの差はデカい。怖いのはむしろ、145点差のイズナーだ。錦織とイズナーは、いずれもこの日勝って3回戦に進出。今後の対戦相手次第ではイズナーに点差を引っ繰り返されてしまう可能性もある。だとすれば、錦織の言葉通り、今回が「最後の大会」になる。「悔いのないよう思い切りプレーしたい」と考えるのも、もっともだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る