錦織の敵は8位より10位 3回戦進出で145点差イズナーに警戒

公開日: 更新日:

「少ないチャンスをモノにできた。(ブレークチャンスを)2本中2本とも取れたので。最後の大会になる可能性もあるので、次も思い切ってプレーしたい。悔いのないように終わりたい」

 錦織圭(28)が31日、男子テニスのマスターズ・パリ大会でサウスポーのマナリノ(30=フランス)を7―5、6―4のストレートで下して3回戦進出、試合後にこう言った。

 目標は年間成績上位8人で争う11月のATPツアーファイナル。錦織は現在、3210点で9位。8位のティエム(25=オーストリア)とは325点、10位のイズナー(33=米国)とは145点差だ。4位のデルポトロ(30=アルゼンチン)が右膝蓋(しつがい)骨折で今季絶望視されているから、錦織は繰り上がり8位で出場できるかもしれない。

 今大会はグランドスラムに次ぐ格付けのマスターズ1000。優勝は1000点、準優勝は600点、4強は360点が加算される。錦織が325点差のティエムを抜けばツアーファイナルの出場は確実だが、強敵揃いの今大会でこの差はデカい。怖いのはむしろ、145点差のイズナーだ。錦織とイズナーは、いずれもこの日勝って3回戦に進出。今後の対戦相手次第ではイズナーに点差を引っ繰り返されてしまう可能性もある。だとすれば、錦織の言葉通り、今回が「最後の大会」になる。「悔いのないよう思い切りプレーしたい」と考えるのも、もっともだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る