菊池雄星ポスティング申請で西武が手にする移籍金はいくら

公開日: 更新日:

 近日中にポスティングを申請することになった菊池雄星(27)。西武は左腕エースをいくらで手放すことになるのか。

 現状の入札制度(ポスティングシステム)は移籍金付きFAのようなものだが、今年から所属球団への移籍金が大きく変わった。

 これまでは球団が上限2000万ドル(約22億6000万円)の移籍金を設定。この金額を払う意思のある球団による自由競争だった。しかし、今年からは年俸や契約金の総額に応じて移籍金が決まる。具体的には以下の3段階の金額の合計が移籍金となる。

①2500万ドル(約28億2500万円)までの分の20%。
②2500万ドルを超えて5000万ドル(約56億5000万円)までの分の17・5%。
③5000万ドルを超える分の15%。


 今オフのFA選手をランク付けした米「トレード・ルーモアズ」(3日付電子版)によれば、菊池は12位にランクイン。金額は「6年総額4200万ドル(約47億5000万円)」と予想しているが、カーショー(ドジャース)、プライス(レッドソックス)というメジャーを代表する左腕が残留したこと、金満球団・ドジャースの編成責任者が興味津々なことを加味すれば、金額はさらに膨れ上がる可能性もある。

 ちなみに総額6000万ドル(約67億8000万円)とすると、①が約5億7000万円、②が約4億9000万円、③が約1億7000万円で、①~③の合計は約12億3000万円だ。昨年までなら約22億6000万円だったから、新制度に移行したことでかなり買いたたかれることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る