菊池雄星ポスティング申請で西武が手にする移籍金はいくら

公開日: 更新日:

 近日中にポスティングを申請することになった菊池雄星(27)。西武は左腕エースをいくらで手放すことになるのか。

 現状の入札制度(ポスティングシステム)は移籍金付きFAのようなものだが、今年から所属球団への移籍金が大きく変わった。

 これまでは球団が上限2000万ドル(約22億6000万円)の移籍金を設定。この金額を払う意思のある球団による自由競争だった。しかし、今年からは年俸や契約金の総額に応じて移籍金が決まる。具体的には以下の3段階の金額の合計が移籍金となる。

①2500万ドル(約28億2500万円)までの分の20%。
②2500万ドルを超えて5000万ドル(約56億5000万円)までの分の17・5%。
③5000万ドルを超える分の15%。


 今オフのFA選手をランク付けした米「トレード・ルーモアズ」(3日付電子版)によれば、菊池は12位にランクイン。金額は「6年総額4200万ドル(約47億5000万円)」と予想しているが、カーショー(ドジャース)、プライス(レッドソックス)というメジャーを代表する左腕が残留したこと、金満球団・ドジャースの編成責任者が興味津々なことを加味すれば、金額はさらに膨れ上がる可能性もある。

 ちなみに総額6000万ドル(約67億8000万円)とすると、①が約5億7000万円、②が約4億9000万円、③が約1億7000万円で、①~③の合計は約12億3000万円だ。昨年までなら約22億6000万円だったから、新制度に移行したことでかなり買いたたかれることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る