FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

公開日:  更新日:

「他球団の評価を聞いてみたい」とFA権を行使した広島・丸佳浩(29)の争奪戦がいよいよ幕を開ける。

 昨季はセ・リーグMVP。今季は打率.306、39本塁打、97打点でリーグ3連覇の原動力となった。2年連続MVPが有力視される大物には、巨人とロッテが獲得に名乗りを上げている。

 交渉解禁日の15日に丸の代理人に連絡を入れたという巨人が用意するのは、5年総額30億~35億円の史上最大級の条件。丸の出身地・千葉ロッテは、4年20億円に将来的な幹部候補として監督手形を用意するという。

 一方の広島は宣言残留を認めるとしている。過去に認める方針を出したのは、黒田、今季限りで引退した新井、大竹(現巨人)の3人しかいない。今季の年俸2億1000万円から、出来高払いを含む4年総額17億円を提示していると伝えられる。ただし、球団は「あとは待つだけ」とマネーゲームには参戦しない方針を示している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る