FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

公開日: 更新日:

「他球団の評価を聞いてみたい」とFA権を行使した広島丸佳浩(29)の争奪戦がいよいよ幕を開ける。

 昨季はセ・リーグMVP。今季は打率.306、39本塁打、97打点でリーグ3連覇の原動力となった。2年連続MVPが有力視される大物には、巨人ロッテが獲得に名乗りを上げている。

 交渉解禁日の15日に丸の代理人に連絡を入れたという巨人が用意するのは、5年総額30億~35億円の史上最大級の条件。丸の出身地・千葉ロッテは、4年20億円に将来的な幹部候補として監督手形を用意するという。

 一方の広島は宣言残留を認めるとしている。過去に認める方針を出したのは、黒田、今季限りで引退した新井、大竹(現巨人)の3人しかいない。今季の年俸2億1000万円から、出来高払いを含む4年総額17億円を提示していると伝えられる。ただし、球団は「あとは待つだけ」とマネーゲームには参戦しない方針を示している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  5. 5

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る