カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

公開日:  更新日:

「世界の王は断れない」――。

 15日にFA交渉が解禁。ソフトバンクは西武の浅村栄斗(28)、オリックス西勇輝(28)のダブル取りを目指している。

 2人は今オフの「人気物件」。昨14日、以前から浅村にラブコールを送っていた楽天が改めて獲得に動くことを表明。オリックスも興味を示している。同じく14日、阪神が西の獲得に乗りだすことを正式表明。DeNA、中日も調査を続けている。しかし、中日はソフトバンクの参戦に「太刀打ちできない」と撤退を示唆したのだ。

 それもそのはず、慰留を願うオリックスは今季年俸1・2億円から大幅アップの4年総額8億円、ソフトバンクはそれをさらに上回る4年総額10億円を提示するとみられる。

 金銭面では紛れもなく敵なし。しかし、ソフトバンクの武器はそれだけではない。王貞治会長の存在だ。王会長が出馬すれば2010年以来。そのとき獲得したのが、横浜(現DeNA)から移籍した内川聖一(36)だ。初交渉の場に王会長が同席。「スタイルを全く変える必要はない。今のままの君が欲しい」と口説かれ、「あの王さんにお褒めの言葉をいただけるなんて野球をやっていてよかった」とイチコロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る