カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

公開日: 更新日:

「世界の王は断れない」――。

 15日にFA交渉が解禁。ソフトバンクは西武の浅村栄斗(28)、オリックス西勇輝(28)のダブル取りを目指している。

 2人は今オフの「人気物件」。昨14日、以前から浅村にラブコールを送っていた楽天が改めて獲得に動くことを表明。オリックスも興味を示している。同じく14日、阪神が西の獲得に乗りだすことを正式表明。DeNA、中日も調査を続けている。しかし、中日はソフトバンクの参戦に「太刀打ちできない」と撤退を示唆したのだ。

 それもそのはず、慰留を願うオリックスは今季年俸1・2億円から大幅アップの4年総額8億円、ソフトバンクはそれをさらに上回る4年総額10億円を提示するとみられる。

 金銭面では紛れもなく敵なし。しかし、ソフトバンクの武器はそれだけではない。王貞治会長の存在だ。王会長が出馬すれば2010年以来。そのとき獲得したのが、横浜(現DeNA)から移籍した内川聖一(36)だ。初交渉の場に王会長が同席。「スタイルを全く変える必要はない。今のままの君が欲しい」と口説かれ、「あの王さんにお褒めの言葉をいただけるなんて野球をやっていてよかった」とイチコロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る