来季にも貧打解消なるか MLBが極端な「守備シフト」制限へ

公開日:

 早ければ来季にも極端な守備シフトがダイヤモンドから姿を消しそうだ。

 MLBが安打数を増やすため、一、二塁間などに野手を配置する守備陣形を制限する新たなルール作りの検討に入ったのだ。5日(日本時間6日)、米スポーツサイト「ジ・アスレチックス」が伝えている。

 記事によると、今季は各球団とも積極的にシフトを敷き、昨季と比べて30%増えた。これにより、野手の間を抜ける安打は激減し、大リーグ全体の打率は2割4分8厘で、72年の2割4分4厘に次ぐ低い数字を記録した。

 ロブ・マンフレッド・コミッショナーは極端な守備シフトが野球を面白みのないものにしていると考えているそうで、今後は米選手会と協議し、何らかの制限を設ける意向を明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る