釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

森保Jが格下相手に大苦戦…まるで別のチームのようだった

公開日: 更新日:

 今さらながらに「フレンドリーマッチ」という言葉の意味合いを痛感させられてしまった。

 UAEで開催されているアジアカップは、森保一監督にとって初の公式大会となる。森保体制となった日本代表は昨年9月からコスタリカ、パナマ、ウルグアイ、ベネズエラにキルギスだったかな。ロシアW杯からメンバーは若返り、躍動感あふれるプレーで4勝1分けと結果も出した。しかしながら、アジアカップのような公式大会ではなく、あくまで「フレンドリーマッチ」。FIFA認定の国際Aマッチとはいえ、あくまで<友好的な親善試合>での結果なので「割り引いて考えないといけない」と思いながら大会初戦のトルクメニスタン戦(9日)をテレビ桟敷で拝見した。

 森保ジャパンが、まるで別のチームのようだった。対戦相手のFIFA世界ランクが127位だとしても、フレンドリーの意識をかなぐり捨てた上でガチンコ勝負を挑んでくると大苦戦。森保ジャパンの未成熟ぶりを露呈してしまった格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る