史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

公開日: 更新日:

 まるで「大横綱」のような扱いだった。

 横綱稀勢の里の引退を報じるスポーツ紙には、例によって美辞麗句が並んだ。東京版の日刊スポーツは「惜別8P」と題して、涙の引退会見を詳報し、17年間の力士生活の足跡を振り返った。

 稀勢の里は中卒で角界入りし、最高位に上りつめた叩き上げ。新入幕から初優勝まで史上ワースト2位の73場所を要した非エリートの苦労人に、ファンが感情移入をするのは分かる。が、横綱としては「史上最弱」だったのは事実である。

 横綱在位12場所で皆勤したのはたったの2回。通算成績は36勝36敗の97休で、勝率5割はもちろん歴代最低である。スポーツマスコミは、17年春場所の千秋楽で負ったケガが実は筋断裂の重傷だったとか、それでも愚直に稽古に打ち込んでいたとか、横綱という地位と孤独に真摯に向き合っていたとか……今になって訳知り顔でかばってみせるのだが、初日から連敗したその数日前の紙面では、「引退危機」「引退待ったなし」「もうダメなのか」と1面で書き立て、これでもかと稀勢の里にプレッシャーをかけていた。手のひら返しもいいところである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る