来春独立の報道も…稀勢の里が直面する弟子集めのイバラ道

公開日: 更新日:

 元横綱の「政治力」はいかほどのものか。

 16日に引退会見を行った元横綱稀勢の里こと荒磯親方(32)。昨17日は着物姿で国技館を訪れ、八角理事長(元横綱北勝海)はじめ、協会幹部らに挨拶回りを行った。

 引退したばかりとあって、「実感がまだわかない」と苦笑いの稀勢の里。それでも、「新しいスタート。一歩一歩、進んでいきたい」と、親方としての意気込みを語った。

 当面は田子ノ浦部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たるが、早い段階での独立も考えているという。17日発売のスポーツ報知も、「来春にも独立」と報じた。

 本紙が報じたように、太いタニマチを抱えているため、金銭面の心配はないだろう。気がかりなのは「人脈」だ。独立するには、弟子が最低1人は必要。現在、稀勢の里には内弟子がおらず、本気で来春独立を考えているならば、早急に弟子を確保しなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る