「『疲れない体』と『折れない心』のつくり方」葛西紀明著

公開日:  更新日:

 現在開催中の平昌オリンピックに、冬季史上最多となる8度目の出場を果たしているスキージャンプ界のレジェンド、葛西紀明選手。45歳でなおトップアスリートとして活躍する自身の「衰えない肉体」と「戦い続ける強いメンタル」のつくり方を紹介しながら、40歳以降の人生でも最高のパフォーマンスを発揮し続ける極意を伝授する。

 スポーツの世界同様、ビジネスの世界でも体の老いは大敵だ。ここぞという場面で踏ん張りが利かなくなれば、結果を残すことは難しくなる。しかし、体の老いにあらがうには、何もひたすら筋トレをして20代の体を目指すわけではない。葛西選手がもっとも大切にしているのは、疲れない体をつくることだという。日々の疲れが取れなくなると、集中力や判断力も鈍り、メンタル面にも悪影響をもたらしてしまうためだ。

 そこで40代以降は、代謝を上げるトレーニングを強化している。本書では、1日3分でできる体幹強化法や、1日10分のランニング、そして体の柔軟性を高めるストレッチなど、葛西式のメソッドを数多く掲載。

 また、40代以降のメンタルトレーニングでは、ストレスを最大限に減らしモチベーションを維持し続けるための折れない心をつくることが重要だという。そのための、脳を休ませるコツや呼吸法なども紹介。オリンピアンの究極のメソッドを取り入れて、人生のピークを更新してみては。(東洋経済新報社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る