• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『疲れない体』と『折れない心』のつくり方」葛西紀明著

 現在開催中の平昌オリンピックに、冬季史上最多となる8度目の出場を果たしているスキージャンプ界のレジェンド、葛西紀明選手。45歳でなおトップアスリートとして活躍する自身の「衰えない肉体」と「戦い続ける強いメンタル」のつくり方を紹介しながら、40歳以降の人生でも最高のパフォーマンスを発揮し続ける極意を伝授する。

 スポーツの世界同様、ビジネスの世界でも体の老いは大敵だ。ここぞという場面で踏ん張りが利かなくなれば、結果を残すことは難しくなる。しかし、体の老いにあらがうには、何もひたすら筋トレをして20代の体を目指すわけではない。葛西選手がもっとも大切にしているのは、疲れない体をつくることだという。日々の疲れが取れなくなると、集中力や判断力も鈍り、メンタル面にも悪影響をもたらしてしまうためだ。

 そこで40代以降は、代謝を上げるトレーニングを強化している。本書では、1日3分でできる体幹強化法や、1日10分のランニング、そして体の柔軟性を高めるストレッチなど、葛西式のメソッドを数多く掲載。

 また、40代以降のメンタルトレーニングでは、ストレスを最大限に減らしモチベーションを維持し続けるための折れない心をつくることが重要だという。そのための、脳を休ませるコツや呼吸法なども紹介。オリンピアンの究極のメソッドを取り入れて、人生のピークを更新してみては。(東洋経済新報社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る