「『疲れない体』と『折れない心』のつくり方」葛西紀明著

公開日:  更新日:

 現在開催中の平昌オリンピックに、冬季史上最多となる8度目の出場を果たしているスキージャンプ界のレジェンド、葛西紀明選手。45歳でなおトップアスリートとして活躍する自身の「衰えない肉体」と「戦い続ける強いメンタル」のつくり方を紹介しながら、40歳以降の人生でも最高のパフォーマンスを発揮し続ける極意を伝授する。

 スポーツの世界同様、ビジネスの世界でも体の老いは大敵だ。ここぞという場面で踏ん張りが利かなくなれば、結果を残すことは難しくなる。しかし、体の老いにあらがうには、何もひたすら筋トレをして20代の体を目指すわけではない。葛西選手がもっとも大切にしているのは、疲れない体をつくることだという。日々の疲れが取れなくなると、集中力や判断力も鈍り、メンタル面にも悪影響をもたらしてしまうためだ。

 そこで40代以降は、代謝を上げるトレーニングを強化している。本書では、1日3分でできる体幹強化法や、1日10分のランニング、そして体の柔軟性を高めるストレッチなど、葛西式のメソッドを数多く掲載。

 また、40代以降のメンタルトレーニングでは、ストレスを最大限に減らしモチベーションを維持し続けるための折れない心をつくることが重要だという。そのための、脳を休ませるコツや呼吸法なども紹介。オリンピアンの究極のメソッドを取り入れて、人生のピークを更新してみては。(東洋経済新報社 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る