釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

森保Jは実力上位のチームとの対戦でアグレッシブさを発揮

公開日: 更新日:

 アジアカップ準々決勝までのイランの戦いぶりを見ていると、森保ジャパンに勝機を見いだすことは難しかった。

 しかし、結果は日本の3―0の完勝となった。前半を0―0で折り返したのが大きかった。

 両チームを比較した場合、攻撃パターンと質はイランの方が上だった。

 前半22分のイランの決定機には、つい「やられた!」と声が出た。

■難敵イランに完勝

 GK権田のミスからイランにボールが渡り、エースFWアズムンが左サイドを突破し、至近距離から右足シュート。権田が左足で阻んでボールはゴール枠外に飛んでいったが、これがもし決まっていたら、日本にとって極めて厳しい試合展開になっていただろう。

 イラン選手は後半11分に失点し、大きなショックを受けた。アジアカップで5試合連続無失点と鉄壁の守備陣が、MF南野がPA内で倒れたプレーを「シミュレーションだ!」と主審に抗議。その隙にクロスを放り込まれ、FW大迫にヘディングシュートを叩き込まれた。ミスからの失点は精神的ダメージを招き、終盤には一部イラン選手がラフプレーを仕掛け、ピッチ上が混乱した。非常に残念な光景だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る