釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

森保Jは実力上位のチームとの対戦でアグレッシブさを発揮

公開日: 更新日:

 アジアカップ準々決勝までのイランの戦いぶりを見ていると、森保ジャパンに勝機を見いだすことは難しかった。

 しかし、結果は日本の3―0の完勝となった。前半を0―0で折り返したのが大きかった。

 両チームを比較した場合、攻撃パターンと質はイランの方が上だった。

 前半22分のイランの決定機には、つい「やられた!」と声が出た。

■難敵イランに完勝

 GK権田のミスからイランにボールが渡り、エースFWアズムンが左サイドを突破し、至近距離から右足シュート。権田が左足で阻んでボールはゴール枠外に飛んでいったが、これがもし決まっていたら、日本にとって極めて厳しい試合展開になっていただろう。

 イラン選手は後半11分に失点し、大きなショックを受けた。アジアカップで5試合連続無失点と鉄壁の守備陣が、MF南野がPA内で倒れたプレーを「シミュレーションだ!」と主審に抗議。その隙にクロスを放り込まれ、FW大迫にヘディングシュートを叩き込まれた。ミスからの失点は精神的ダメージを招き、終盤には一部イラン選手がラフプレーを仕掛け、ピッチ上が混乱した。非常に残念な光景だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る