松井稼頭央が良例 西武・内海に求められる“兄貴分”の役割

公開日: 更新日:

 異彩のベテランがカギを握ると言っても過言じゃない。

 炭谷の人的補償で西武に移籍した前巨人の内海哲也(36)。古巣ではここ数年出番も減り、昨季は15試合で5勝5敗だった。西武は「猫の手も借りたい」ほど先発が手薄とはいえ、どこまで働けるかは未知数。戦力以上に、若手投手の精神的支柱として期待されているのは間違いない。

 西武には松井稼頭央(現二軍監督)の例がある。松井は2017年オフに古巣に復帰すると、選手兼テクニカルコーチという肩書になった。これは成績にかかわらず、一軍選手をうまくまとめてほしいという球団の意向によるもの。昨季はベンチ入りするコーチの人数上、コーチ登録こそ外れたが、球団内と首脳陣はそれでもコーチとしての立場に比重を置き、不振で登録抹消された後も、一軍に帯同させていた。仮に内海が炎上続きでも、何かしらの理由をつけて、一軍に帯同させるのでは、ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る