日ハム輝星デビューは交流戦 清宮離脱が開幕二軍の決定打

公開日: 更新日:

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・吉田輝星(18=金足農)の開幕二軍スタートが内定したという。

 吉田は6日、鎌ケ谷で行われたロッテとのオープン戦前、同期でドラ1の藤原恭大(大阪桐蔭)と再会。「自分も早く一軍に行きたい」とコメントした。栗山監督も一時は吉田を開幕3番手で起用する構想をもっていたらしいが、一軍デビューは先送りされる見通しとなった。次回登板は12日、鎌ケ谷で行われる二軍のオープン戦(対楽天)。リリーフでの登板が濃厚だという。

 順調にいけば、同じ高卒ルーキーのダルビッシュ(現カブス)や投手としての大谷(現エンゼルス)がともに交流戦で一軍デビューしたように、5月下旬から6月中旬にかけて昇格させる青写真。ちなみに今年の交流戦は6月4日にスタートする。

「吉田の実戦登板は2月16日の紅白戦以来となるだけに、物理的にも開幕には間に合わない。おまけにオープン戦は試合数が少ないため、開幕一軍クラスの投手もファームの教育リーグで投げて調整する。吉田や同じルーキーの柿木(大阪桐蔭)の登板機会はどうしたって制限されてしまうのです。ファームのローテーションに入り、先発としての調整がきちんとできるようになるのは一軍が開幕してから。そもそも日本ハムの新人投手は基本的に、どんなに素材がよくても開幕から一軍で投げさせることはしませんから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る