日本人初快挙 ジャンプ小林陵侑「個人総合V」5ミリの秘密

公開日: 更新日:

 長らく欧州勢の独壇場だった種目で日本人が歴史に名を刻んだ。

 ノルディックスキー・ジャンプ男子のW杯個人第23戦(オスロ)で10日、小林陵侑(22)が欧州以外の選手で史上初めて個人総合優勝を果たした。

 所属先の監督でもある葛西紀明ら歴代のエースですら成し得なかった快挙にも小林は「もともとあまり意識していなかった。この喜びはシーズンが終わってからくると思う」と冷静に振り返った。

 今季は開幕から好調で、年末年始に行われる伝統の欧州ジャンプ週間で4戦全勝。日本男子のシーズン最多勝利記録を更新する11勝をマークするなど、飛躍を遂げた。

 躍進の要因は肉体改造と用具の改良だ。トレーニングの一環として、ヨガやピラティスを取り入れた結果、膝や股関節の柔軟性が高まった。スキー靴は昨季よりも靴底を5ミリ厚くし、スキーと板の間に挟むプレートは逆に5ミリ削った。下半身の安定と、最適な用具を手に入れたことで、踏み切り、跳躍姿勢が安定するようになった。本人は「ジャンプのレベルが全体的に上がった」と技術向上を口にすると同時に、メンタル面の成長が大きかったとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る