宮本投手Cも蒼白 巨人にのしかかる昨季“救援陣20敗”の重圧

公開日: 更新日:

 不安が解消されない。

 昨季、救援陣だけで20敗を喫した巨人。復帰した原監督は、4年連続V逸の大きな要因となったリリーフ陣の再建を最重要課題としてきたが、14日のソフトバンク戦では守護神候補の新外国人・クックが1回3失点と崩れた。オープン戦防御率は2試合で13.50。先頭打者にストレートの四球を与えると、すぐさま二盗を許し、松田には一発を浴びた。

 当初から不安視されていた走者を置いた場面での投球に課題を残し、ムードメーカーを兼ねる宮本投手総合コーチからも、さすがに笑顔が消えつつあるのだ。

 幸い、勝利の方程式入りを狙う吉川光、高卒3年目大江の両左腕がともにオープン戦無失点と好調で、15年ドラフト1位右腕の桜井も状態の良さをアピールしてはいる。が、「救援崩壊」のトラウマを抱えるチーム内では「大江は一軍経験がないし、桜井も昨年の登板は二軍のみ。吉川光の覚醒が本物ならいいけど、ここ数年の投球内容を見ると果たして……」(チーム関係者)と、緊迫する一軍マウンドで今と同じような投球ができるかどうか、期待はしても信用はしきれないようなのだ。

 ウイルス性疾患で春季キャンプに合流できなかったマシソンの一軍復帰は早くても6月以降の見込み。左ひざ手術明けの上原を含めて、「リリーフ再建完了」とは言い難い状況なのは確か。開幕後もさらなる戦力補充を見据え、球団の渉外、編成担当は休むヒマがなさそうである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る