元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

ザルツブルクMF南野拓実 欧州5大リーグ移籍への課題

公開日: 更新日:

 3月の代表2連戦が終わり、同31日のオーストリア・ウィーン戦で南野拓実(24)は、移動疲れも見せずに先発して40メートル独走の決勝弾を決めた。

 これで同10日のグラーツ戦から公式戦4試合連続スタメン。チーム内の序列は、1月のアジア杯(UAE)直後よりも確実に上がった様子である。

「代表に行って(留守にして)いる分、クラブでは自覚を持ってやらないと。責任感は強く持っています」と意気込む南野が見据えるのは今夏の移籍だ。飛躍を迎えることができるか? 

 ◇  ◇  ◇

 20歳になる直前の2015年1月にセレッソ大阪からザルツブルクに移籍。はや4年3カ月が経った。同クラブからセネガル代表FWマネ(リバプール)が、欧州を代表する強豪クラブにステップアップしたことから「数年後には自分も」とシナリオを描いていただろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る