松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

パワハラ訴えたのに反省文 体操協会の平衡感覚は理解不能

公開日: 更新日:

 体操の女子選手が体操の世界で権力を持ってる人から「パワハラを受けました」と訴え出ていたのを、「第三者委員会」というのが調べて、「人権尊重の精神に反する疑いはあるが、パワハラとまでは言えない」と決めた。

 なんだか、どこの第三者委員会も、開けても開けても同じ顔が出てくるロシアのマトリョ~シカ人形みてえなヒトたち? ロシアのことは知らねえか。じゃ、切っても切ってもおんなじ顔が出てくるキンタロウアメなら分かるか?

 どこでもキンタロウアメ委員会の決めたことはだいたいタマムシ色だっていうのも同じだな。

 で、もっとひどい制裁が下されるだろうと思ってた加害側が、「ま、社会的な制裁は受けたから、あらためて処罰するべきではない」となって手打ち。ま、良かれと思ってやってきたんだろうから、罰というより、厚労省でもやるべ(って字が違う? あ、すまん、功労賞ね)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る