周囲は太鼓判でも…伊調馨「アジア女王」返り咲きへの課題

公開日: 更新日:

 女子レスリング日本代表が22日、アジア選手権(23日開幕=中国・西安)に向けて出発。4連覇を達成した16年リオ五輪以来、2年8カ月ぶりの国際舞台を踏む57キロ級の伊調馨(34)は「しっかりと学んで今後に生かしたい」と、優勝で東京五輪代表がかかる来年の世界選手権を見据えた。

 今大会には、昨年の世界選手権を制した栄寧寧(21=中国)ら、伊調がマットを離れている間に台頭してきた選手が揃う。栄以外にも国際大会で実績のある若手が少なくないだけに「戦ったことのない選手も含めていろんな選手と当たりたい」と話した。

 国際大会復帰を前に日本協会の西口茂樹強化本部長から、アジア女王返り咲きに太鼓判を押されている。技術的に不安はなくても、今大会は回復力が課題になる。

 五輪3連覇を果たした12年ロンドン大会では左足首靱帯を損傷してもマットに立ち続けるなど、痛みに強かった伊調も、ここ数年は故障しやすくなった上に、回復力も鈍ってきた。今大会直前の日本代表合宿では右足首を痛めるなど、満身創痍の状態だったため、若手選手とは終始、別メニューをこなした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    NHK「あさイチ」ピンチ テレ朝に負け続け打ち切りも視野か

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

  10. 10

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

もっと見る