15番ホールが“鬼門”に 144選手もいてバーディーゼロのなぜ

公開日: 更新日:

【アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ】

 多くの選手が強い風でスコアメークに苦しむ中、4アンダーで単独トップに立ったのはD・ブーマ(23=タイ)だ。「(全体的に)狭いコースなのでフェアウエーキープに徹した。グリーンは手前から攻めた」と言うブーマがパーでまとめた15番パー4(506ヤード)は、この日「鬼門」となった。

 何しろバーディーを奪った選手はゼロ。出場144人中88人がボギー以下のスコアで平均アベレージ4.694だった。通常営業では中コースの10番パー5(506ヤード)であり、ほぼストレートなレイアウト。第1打をフェアウエーにさえ置けば、アマチュアでも比較的パーが取りやすいのだが、今大会はパー4設定。ただでさえ距離が長いホールに強い南風が吹き荒れていた。


「このホールで南風ということはもろに逆風ですから、506ヤードよりさらに長くなる印象です。ここ数日は雨が降らず、グリーンはかなり乾燥して硬くなっています。多くの選手は難しいホールだと悲鳴をあげていました」(コース関係者)

 ボールがグリーンに落ちると「コン」と音がした。それだけ硬く締まっている証拠。第2打をグリーンに止めるのは至難の業だ。“サービスホール”の14番パー5(537ヤード=同4.451)がバーディーでも15番で落としては意味がない。2日目以降は「南風だけは吹かないで」と願うしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る