ローマ大会が順延で日程タイトに…錦織圭を襲う“雨の試練”

公開日: 更新日:

 テニスは数あるプロスポーツの中でも、ハードな種目だ。毎週のようにツアーがあり、年間通じてほとんど休みがない。試合を休めばポイントを失ってランキングに響くため、ケガを抱えながらだましだましプレーを続ける選手は多い。

 右手首に故障を抱える錦織圭(29)もそのひとりだ。12月には体力的に下り坂に差し掛かる30代になる。その前にグランドスラムはともかく、その下の格付けのマスターズ1000くらいは勝っておきたいところだ。

 さて、そんな錦織はいま、26日に開幕する全仏オープンの前哨戦でもあるマスターズ1000のローマ国際に臨んでいる。第6シードで2回戦からの出場。日本時間15日にフリッツ(アメリカ)との初戦を迎えるスケジュールだったが、雨天順延に。16日に2回戦を戦い、勝てばダブルヘッダーで3回戦を行う予定だ。ただでさえハードなスケジュールがますますタイトになり、故障がちの錦織に重くのしかかることになる。

 なお、同大会に出場予定の大坂なおみ(21)も同日に予定されていた2回戦が順延となり、こちらも勝てばダブルヘッダーとなる予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  3. 3

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  8. 8

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  9. 9

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  10. 10

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る