松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

仏頂面で観戦トランプよ、属国の見せ物は面白かったかい?

公開日: 更新日:

「令和初の国賓」おもてなしで相撲の千秋楽が間延びしまくって凄かった。わざわざ突貫工事で作ったらしい取り付け階段みたいなのを土俵に渡して、茶坊主の先導で、

「さささ、ダァさま、こちらでざいますよ。足元お悪うございますが、どうぞどうぞ、なんだか、女は上げないだの、靴脱げだの、こざかしいしきたりござんしてね。おみ足が汚れませんよう特製のお革靴に見えるスリッパご用意させていただきやした。ひとつ、お履き替えの上、ダァさまの属国の、ちょいと、見せ物にお目汚しをいただくわけでござんすから、ええええ、まずは露払いにやつがれが、え~『表彰状、朝乃山関、あ~たぁ大相撲夏場所において、せ~せきゆうしゅうにより、ないかくそ~りだいじんはいにそのなをこくし、ながくえいよをショ~ショ~しょじょじ。あべしんぞ』な~んちって、これがね、なにしろこの杯がね、あ~た、重たい! 40キロぐらいあって、ヨッ!!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  7. 7

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

  10. 10

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る