赤土の王者ナダル完全復活…錦織圭のGS制覇にまた厚い壁

公開日: 更新日:

 赤土の王者、完全復活――である。

 26日に開幕する全仏オープンの前哨戦であるイタリア国際の決勝でナダル(32=スペイン)がジョコビッチ(31=セルビア)を2―1で下して優勝。今季ツアー初勝利、通算81勝目を挙げた。

 クレーキングの異名を持つナダルは、昨年9月の全米オープンでヒザを負傷。今年1月に復帰して以降は優勝から遠ざかり、得意とするクレーシーズンに入っても結果を残せていなかった。が、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ今大会は、1セットも落とすことなく決勝に進出。歴代最多11度の優勝を誇る全仏に弾みをつけた。

 ちなみに、日本の錦織圭(29)とナダルの対戦成績は錦織の2勝10敗。クレーでは0勝4敗と全く歯が立たない。準々決勝で敗退したイタリア国際の試合後、全仏に向けて「いい試合が続かない。切り替えていくしかない」と話したが、ナダルの復活で悲願の4大大会制覇はいよいよ厳しいものになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る