人気低迷の全米女子OP 優勝賞金100万ドルにアップの不思議

公開日: 更新日:

 比嘉真美子が3日目まで優勝争いを演じた今年の全米女子オープンは、比嘉と同組のイ・ジョンウン6の優勝で幕を閉じた。

 主催の全米ゴルフ協会(USGA)は大会の開幕直前、今年の「全米オープン」と「全米女子オープン」の賞金総額をそれぞれ50万ドルずつ増額することを発表した。これにより「全米女子オープン」は550万ドル(約6億円)になり、優勝賞金は、女子プロ大会としては史上初の100万ドル(約1億800万円)の大台に乗った。メジャー以外の冠大会の賞金総額は200万ドルでも高い方だ。優勝したジョンウン6は、通常大会の3試合分に相当する札束の山を手にしたわけだ。

■韓国勢の壁

 全米女子オープンは、間違いなく女子ゴルフでは世界最大の大会である。賞金額もそれに比例しているとも言えるのだが、人気の方はどうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る