原口効果で交流戦40得点 虎指揮官ズバリ采配は師匠の教え

公開日: 更新日:

 予想以上の効果ではないか。

 阪神は12日のソフトバンクに圧勝。交流戦8試合が終わって4勝3敗1分け。リーグでは首位広島に1.5ゲーム差に迫った。

 パが強いというのが「定説」の交流戦で、阪神がここまで健闘しているのは打線の力が大きい。投手陣はこの2試合、猛打のソフトバンク打線を2点に抑えてはいるものの、8試合40得点は12球団最多。この日も13安打8得点と爆発。ソフトバンクを交流戦首位から引きずり落とし、2017年から続いたソフト戦の連敗も4で止めた。

 打線が好調なのは、この日5番・DHで起用され2安打1打点の「原口効果」という声がある。

 あるOBが言う。

「矢野監督は星野、岡田という2人の恩師から多くのことを学び、それが今に生きている。交流戦初戦に、大腸がんの手術をした原口を昇格させたのもそう。星野は昔から『一軍に上げたら即使う』が口癖だった。岡田は選手の誕生日はすべて頭に入っていて、二軍落ちの今岡を誕生日に昇格させて大活躍させた。それを見てきた矢野監督は、大事な交流戦でしかも敵地のロッテ戦で原口を昇格させると、いきなり九回に代打で起用。原口は期待に応え適時二塁打を放ち、二塁では気迫のヘッドスライディングを見せた。あれがナインの胸に響かないわけがない。矢野監督の賭けがズバリ当たった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る