ラグビーW杯“不人気チケット”はアジア市場が完売の切り札

公開日: 更新日:

 今年9月20日に開幕するラグビーW杯日本大会。去る19日には一般向けチケット先着販売を開始した。

 今大会、販売が予定されているのは11月2日の決勝(横浜国際総合競技場)までの全48試合で約180万枚。大会組織委と国際統括団体ワールドラグビー(WR)が90万枚ずつを分担で販売し、昨年11月まで実施された抽選販売で102万枚が売れた。

 売り上げは200億円に達するなど、ここまで売れ行きは順調とみてよさそうだが、楽観視できない。

 今後、組織委はWRがさばき切れなかった一部(約28万枚)を押し付けられるといわれる。現状では開催都市、対戦カードによって売れ行きが芳しくないケースもあり、9月の開幕までに完売に向けて奔走することになる。

 全てのカードでスタジアムを満員にすることを目指している組織委が販売網の一角と見込んでいるのがアジア市場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る