ラグビーW杯“不人気チケット”はアジア市場が完売の切り札

公開日: 更新日:

 今年9月20日に開幕するラグビーW杯日本大会。去る19日には一般向けチケット先着販売を開始した。

 今大会、販売が予定されているのは11月2日の決勝(横浜国際総合競技場)までの全48試合で約180万枚。大会組織委と国際統括団体ワールドラグビー(WR)が90万枚ずつを分担で販売し、昨年11月まで実施された抽選販売で102万枚が売れた。

 売り上げは200億円に達するなど、ここまで売れ行きは順調とみてよさそうだが、楽観視できない。

 今後、組織委はWRがさばき切れなかった一部(約28万枚)を押し付けられるといわれる。現状では開催都市、対戦カードによって売れ行きが芳しくないケースもあり、9月の開幕までに完売に向けて奔走することになる。

 全てのカードでスタジアムを満員にすることを目指している組織委が販売網の一角と見込んでいるのがアジア市場だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  5. 5

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る