U-22日本に“久保建英効果” トゥーロン国際で初の決勝進出

公開日: 更新日:

 フランスで行われているトゥーロン国際大会に参戦中のU―22(22歳以下)日本代表が、日本時間12日午後10時キックオフの準決勝でU―22メキシコ代表を破り、初の決勝進出を決めた。

 2度のビハインドに追い付く粘りを見せた。

 一進一退の前半が終わって後半5分、日本が先制を許してしまう。それでも同27分、クロスバーに当たってはね返ったボールをMF相馬が、右足で低く抑えたボールを蹴り入れて同点に追い付いた。しかし同41分に再び失点。万事休すと思われたが、交代出場のFW小川が44分、GKと1対1の場面になってもビビらず、右足で冷静に右サイドネットに向けて流し込んだ。まさに値千金の同点ゴールである。

 大会規定によってPK戦が行われ、メキシコの4人目選手が外し、5人全員が成功した日本代表が、初めて同大会決勝進出を果たした。「これも<久保効果>と言えるでしょう」と元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がさらに続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る