U-22日本代表の快進撃止まる ポルトガル相手に0-1で初黒星

公開日: 更新日:

 東京五輪世代(23歳以下)のU―22(22歳以下)日本代表の快進撃が止まった。

 フランスで行われているトゥーロン国際大会3試合目(日本時間8日午前0時5分開始)の相手ポルトガルに1―0で逃げ切られたのだ。

 試合の大半の主導権を握ったのは日本だった。

 今大会初先発のFW小松、FW小川、シャドーに入ったMF伊藤、MF神谷を中心に攻め立て、ボール支配率でも上回ったが、後半40分にカウンターから失点を喫して万事休す。イングランド戦2―1、チリ戦6―1に続いて大会3勝目を逃してしまった。

「A代表に招集された18歳MF久保を筆頭に主力を欠き、試合ごとにメンバーを大幅に変えながら日本代表はポルトガル戦も含め、うまくやりくりしながら内容の伴った戦いを見せていた。しかし、ポルトガル戦では〈最後の決定力に欠ける〉〈終盤に失点する〉という“ひ弱さ”を露呈してしまった。パスをつないでボール支配率を高め、攻守の連動性など組織力で試合を優位に進めていく日本だが、たとえば単独で相手DFを切り裂いていくFWなど〈個の力〉で試合を決め切る選手の出現が待たれます」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

 まずは現有戦力で勝ち進んで「国際経験を積み重ねてほしい」(六川氏)ものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る