U-22日本代表の快進撃止まる ポルトガル相手に0-1で初黒星

公開日: 更新日:

 東京五輪世代(23歳以下)のU―22(22歳以下)日本代表の快進撃が止まった。

 フランスで行われているトゥーロン国際大会3試合目(日本時間8日午前0時5分開始)の相手ポルトガルに1―0で逃げ切られたのだ。

 試合の大半の主導権を握ったのは日本だった。

 今大会初先発のFW小松、FW小川、シャドーに入ったMF伊藤、MF神谷を中心に攻め立て、ボール支配率でも上回ったが、後半40分にカウンターから失点を喫して万事休す。イングランド戦2―1、チリ戦6―1に続いて大会3勝目を逃してしまった。

「A代表に招集された18歳MF久保を筆頭に主力を欠き、試合ごとにメンバーを大幅に変えながら日本代表はポルトガル戦も含め、うまくやりくりしながら内容の伴った戦いを見せていた。しかし、ポルトガル戦では〈最後の決定力に欠ける〉〈終盤に失点する〉という“ひ弱さ”を露呈してしまった。パスをつないでボール支配率を高め、攻守の連動性など組織力で試合を優位に進めていく日本だが、たとえば単独で相手DFを切り裂いていくFWなど〈個の力〉で試合を決め切る選手の出現が待たれます」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

 まずは現有戦力で勝ち進んで「国際経験を積み重ねてほしい」(六川氏)ものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る