スコットランドに快勝 “26歳ベテラン”岩渕が見せた存在感

公開日: 更新日:

 剣が峰のチームを救ったのは、26歳にしてW杯出場3回目の“ベテランFW”岩渕真奈だった。

 2011年ドイツW杯で世界女王、15年カナダW杯準優勝のなでしこジャパンは、開催中のフランスW杯初戦で格下のアルゼンチンと想定外のスコアレスドロー。14日の2戦目スコットランド戦に負ければ、グループリーグ敗退の屈辱にまみれる可能性大だったが、前半23分に弾丸シュート。ベビーフェースは10代の頃から変わっていないが、チームを牽引する主軸選手としての存在感を示した。

 初代なでしこ専任監督の鈴木良平氏が言う。

「前に! 前に! という岩渕の積極姿勢がチームメートに伝播。攻守がガッチリ噛み合い、これが勝利の大きな要因となった。W杯では途中出場しか経験がなく、先輩選手の陰に隠れてばかりいるイメージの強い岩渕だが、チームを引っ張っていく選手に成長した」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る