世界93位に分け…森保Jに「頭をもっと使って」と釜本氏

公開日: 更新日:

 スコアレスドローに終わった5日のキリンチャレンジ杯の日本代表VS.トリニダード・トバゴ。メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏は「サッカーは点を取り合うスポーツ。その観点では落第点しかあげられない。個人的にも不完全燃焼だった」とバッサリだ。

 シュート7本の中島を筆頭に交代5選手を含めて出場16選手が計25本ものシュートを乱れ打ちしながら、結局は1本のシュートもゴールラインを割ることができず、シュート計5本のトリニダード・トバゴ相手に0―0決着という結果に終わった。

「どの選手も持ち味を出しながら相手ゴールに迫っていったが、すべてのプレーに“もうひと工夫”が足りなかった。カットインしてシュートを相手が警戒してきたら、そのカットインをダミーにして味方に効果的なパスを送るとか、各選手とも“頭をもっと使って”ほしかった」(前出の釜本氏)

 キリンチャレンジ杯2戦目は、9日に仙台でエルサルバドルを迎え撃つ。この日のような不細工な試合は勘弁してほしいものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る