世界93位に分け…森保Jに「頭をもっと使って」と釜本氏

公開日: 更新日:

 スコアレスドローに終わった5日のキリンチャレンジ杯の日本代表VS.トリニダード・トバゴ。メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏は「サッカーは点を取り合うスポーツ。その観点では落第点しかあげられない。個人的にも不完全燃焼だった」とバッサリだ。

 シュート7本の中島を筆頭に交代5選手を含めて出場16選手が計25本ものシュートを乱れ打ちしながら、結局は1本のシュートもゴールラインを割ることができず、シュート計5本のトリニダード・トバゴ相手に0―0決着という結果に終わった。

「どの選手も持ち味を出しながら相手ゴールに迫っていったが、すべてのプレーに“もうひと工夫”が足りなかった。カットインしてシュートを相手が警戒してきたら、そのカットインをダミーにして味方に効果的なパスを送るとか、各選手とも“頭をもっと使って”ほしかった」(前出の釜本氏)

 キリンチャレンジ杯2戦目は、9日に仙台でエルサルバドルを迎え撃つ。この日のような不細工な試合は勘弁してほしいものである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

もっと見る