琴ノ若が史上初の3代関取に 大相撲で親子関取が少ないワケ

公開日: 更新日:

 9年ぶりの「親子関取」誕生である。

 5月場所で好成績を上げ、7月場所で新十両となる琴ノ若(21)。元関脇の先代琴ノ若(51=現佐渡ケ嶽親方)は、父であり師匠という間柄だ。しかも、祖父が元横綱琴桜だから、3代関取になる。

 親子で関取になったのは、これが歴代10組目。2010年に十両になった佐田の海の父も、三役を経験した同名の関取だった。

 相撲部屋のシステムを考えれば、この10組目という数字は決して多くはない。相撲部屋は師匠の自宅を兼ねるケースがほとんどで、その息子ともなれば幼少期から相撲に親しむ環境にある。親の血を引いているということは、そのセンスも期待できる。にもかかわらず、力士の息子が成功した例は上記の通り、少ないのだ。

■せめて大学くらいは…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る