一山本は十両昇進で月収110万円に “脱サラ力士”が与える夢

公開日: 更新日:

 後進に新たな「夢」を見せることができるか。

 29日の番付編成会議で、二所ノ関部屋の一山本(25)が初の十両昇進を果たした。

 経歴は異色も異色。中大卒業後は地元の北海道に戻り、福島町の町役場に就職した。しかし、大学まで取り組んでいた相撲への意欲が捨てきれず、退職してプロの世界に飛び込んだ。

 役場を辞めた2016年の時点で、一山本は23歳。新弟子検査は23歳未満の年齢制限があったものの、ちょうどこの年、相撲や格闘技、スポーツの実績がある者に限り、「25歳未満でも可」と規則が変更されていたことが追い風となった。

 ある親方が言う。

「大相撲の力士数は場所ごとに変わるとはいえ、平均して650人前後。その大半が、給料の出ない幕下以下です。他競技と比べて考えると、本当のプロと呼べるのは給料が出る十両以上と言っても過言じゃない。そのプロになる夢を一山本はかなえた。幕内の定員は42人、十両は28人なので、1割強の70人は給料がもらえるプロ。他競技に比べたら、必ずしも狭き門ではない。一山本の出世を見て、『オレもプロで一旗……』というスポーツ経験者が入ってくればいいんですが」

 ちなみに、十両の月収は110万円。夢を追う価値はありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る