一山本は十両昇進で月収110万円に “脱サラ力士”が与える夢

公開日: 更新日:

 後進に新たな「夢」を見せることができるか。

 29日の番付編成会議で、二所ノ関部屋の一山本(25)が初の十両昇進を果たした。

 経歴は異色も異色。中大卒業後は地元の北海道に戻り、福島町の町役場に就職した。しかし、大学まで取り組んでいた相撲への意欲が捨てきれず、退職してプロの世界に飛び込んだ。

 役場を辞めた2016年の時点で、一山本は23歳。新弟子検査は23歳未満の年齢制限があったものの、ちょうどこの年、相撲や格闘技、スポーツの実績がある者に限り、「25歳未満でも可」と規則が変更されていたことが追い風となった。

 ある親方が言う。

大相撲の力士数は場所ごとに変わるとはいえ、平均して650人前後。その大半が、給料の出ない幕下以下です。他競技と比べて考えると、本当のプロと呼べるのは給料が出る十両以上と言っても過言じゃない。そのプロになる夢を一山本はかなえた。幕内の定員は42人、十両は28人なので、1割強の70人は給料がもらえるプロ。他競技に比べたら、必ずしも狭き門ではない。一山本の出世を見て、『オレもプロで一旗……』というスポーツ経験者が入ってくればいいんですが」

 ちなみに、十両の月収は110万円。夢を追う価値はありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

もっと見る