元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

「ミネイロンの惨劇」を目の当たりにしたベロオリゾンテへ

公開日: 更新日:

6月21日 金曜日

 20日のウルグアイ戦(ポルトアレグレ)を2-2のドローに持ち込み、2019年コパ・アメリカ(ブラジル)8強の望みをつないだ日本。彼らはエクアドルとの最終決戦の地ベロオリゾンテへと移動した。2013年コンフェデ杯でメキシコに1-2で敗れたこの街で、当時を知る川島永嗣(ストラスブール)と岡崎慎司(レスター)擁する森保ジャパンは、南米大陸での南米勢初勝利を挙げられるのか。過去12戦未勝利の不名誉な記録を払拭しなければならない。

 ◇  ◇  ◇

 日本代表は昼のチャーター便で移動したが、我々メディアは夕方の練習に間に合うために乗継便を選ぶしかなかった。

 前夜のウルグアイ戦後、ホテルに帰ったのが1時半。時差12時間の日本はすでに昼過ぎで待ったなしの作業が必要。睡魔と戦いながらの原稿執筆は過酷以外の何物でもない。ほぼ徹夜となり、朦朧とした状態で早朝にポルトアレグレ空港へ。サンパウロ経由で14時にベロオリゾンテ入りした。1本目のフライトが遅れ、乗り継ぎ時間が短くなり、荷物の未着を心配したが、事なきを得てまずは安堵。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る