元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

ウルグアイ戦で2点 三好康児の名は間違いなく世界に轟いた

公開日: 更新日:

6月20日 木曜日

 スアレス(バルセロナ)とカバーニ(PSG)の世界的2トップを擁するウルグアイに果敢に挑んだ20日の日本代表。切り込み隊長になったのが、東京五輪世代のリーダー・三好康児(横浜)だった。前半24分の電光石火のドリブル先制弾に始まり、後半13分の2点目と、A代表2戦目の小兵アタッカーの1試合2発は世界を震撼させた。惜しくも宿敵撃破には至らなかったが、日本は2-2で最低限の勝ち点1を確保。8強入りに望みをつないだ。

 ◇  ◇  ◇

 20日のポルトアレグレは朝から快晴。隣国・ウルグアイから空路や陸路で押し寄せたサポーターが町を席巻した。グアイバ川に面した港のエリアにも大勢のウルグアイ人が繰り出し、昼間からビールを飲んで「ウルグアイ」の大合唱。16日の初戦・エクアドル戦(ベロオリゾンテ)を4-0で圧勝している彼らは余裕しゃくしゃくで、「アジアの格下、しかも若手中心のチームに負けるはずがない」と高をくくっていたはず。そんな人々の鼻を明かすべく、森保一監督率いる若き日本にはより一層のサプライズを期待した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る