仏司法当局 ドーピング隠蔽めぐり前国際陸連会長らを起訴

公開日: 更新日:

 フランス司法当局がロシア陸上選手のドーピング隠蔽を巡る汚職疑惑で捜査をしていたセネガル人のラミン・ディアク前国際陸連(IAAF)会長と、その息子でコンサルタントのパパマッサタ氏の2人について、フランス予審判事は収賄と資金洗浄の罪で起訴することを決めた。ロイター通信などが24日、報じた。

 2人を巡っては、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が東京五輪招致を働きかけたとされる。パパマッサタ氏が関連するシンガポールのコンサルタント会社に、招致委員会名義の口座から2度にわたり総額2億3000万円ものカネが送金されており、この金の一部がパパマッサタ氏やIOC関係者などに流れたとの疑いがもたれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る