仏司法当局 ドーピング隠蔽めぐり前国際陸連会長らを起訴

公開日: 更新日:

 フランス司法当局がロシア陸上選手のドーピング隠蔽を巡る汚職疑惑で捜査をしていたセネガル人のラミン・ディアク前国際陸連(IAAF)会長と、その息子でコンサルタントのパパマッサタ氏の2人について、フランス予審判事は収賄と資金洗浄の罪で起訴することを決めた。ロイター通信などが24日、報じた。

 2人を巡っては、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が東京五輪招致を働きかけたとされる。パパマッサタ氏が関連するシンガポールのコンサルタント会社に、招致委員会名義の口座から2度にわたり総額2億3000万円ものカネが送金されており、この金の一部がパパマッサタ氏やIOC関係者などに流れたとの疑いがもたれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る