サニブラウン堂々帰国 日本選手権で2度目の2種目Vなるか

公開日: 更新日:

 和製スプリンターが堂々の帰国である。

 先の全米大学陸上選手権男子100メートル決勝で9秒97の日本新記録をマークしたサニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が昨20日、日本選手権(27日開幕=福岡・博多の森陸上競技場)出場に備え、成田空港に降り立った。

 今大会は100メートル、200メートルの2種目にエントリー。開幕までの約1週間は都内を拠点にして調整する。今後は100メートルの中盤からの走りを強化するそうで「(距離が短い)100メートルは一つのミスで、レース結果に違いが出てくるので、集中していきたい」と課題を口にした。

 2017年(大阪)に続く2度目の2種目制覇について「これから1週間、しっかりと調整して、やることをやればタイムも結果も付いてくる」と断言。「今回はチャレンジャーではなく、追いかけられる立場なので、しっかりとしたレースをしたい」と自信たっぷりに話したのは、単なる強がりではなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  3. 3

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  8. 8

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る