大坂はウィンブルドン初戦敗退「泣きそう」と会見打ち切り

公開日: 更新日:

 テニスの4大大会第3戦であるウィンブルドン選手権(ロンドン)は1日、女子シングルス1回戦を行い、世界ランキング2位で第2シードの大坂なおみ(21)が、同39位のユリア・プティンツェワ(24=カザフスタン)に敗退。4大大会では17年全仏オープン以来2度目の初戦敗退に終わり、今大会後の世界1位復帰が消滅した。

 大会前のインタビューで「オールラウンダーを目指している」と話した通り、第1セット序盤は正確なリターンや、積極的に前に出るなど、多彩なプレーを披露。立ち上がりこそ、プティンツェワに流れを渡さなかったが、スピンの利いた相手のサーブに徐々にペースを乱した。タイブレークにまで持ち込み、3―1とリードしながら、自身のミスで5連続失点。このセットを落とす。

 第2セットも過去2戦2敗と苦手とする相手にミスを連発した。サーブやボレーが決まらず、自分の思い通りのプレーができない苛立ちからか、座り込んで顔を覆うシーンも見られた。大坂は、芝を利用して巧みなショットを繰り出すプティンツェワに最後まで翻弄されたこともあり、早々と姿を消すこととなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る