武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

人材豊富な米国は東京五輪で大坂なおみを必要としていない

公開日: 更新日:

 テニスの全仏オープンは、ラファエル・ナダルが若手の旗頭ドミニク・ティエムを下し12度目の優勝を飾った。上位4シードが揃って勝ち上がった男子とは裏腹に、女子は何が何だか分からない乱世の相を呈した。

■ジョコビッチの分析

 第1シードの大坂なおみは精神的に不安定、37歳のセリーナ・ウィリアムズは体重過多で動けない――。アシュリー・バーティ(第8シード)が優勝までに対戦したシード選手は準々決勝のマジソン・キーズ(第14シード)だけ。上位勢の脆さを裏付け、準優勝のマルケタ・ボンドロウソバを知っていた人はまずいないだろう。世界ランク50位の19歳だ。

「新しいスターたちが育っていて、それはファンも望んでいることだ」

■両親がロシア移民の20歳と17歳

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)