全仏OP日没順延 錦織が4大大会で勝てない“データと根拠”

公開日: 更新日:

 ローランギャロスの壁に阻まれて仕切り直しである。

 2日の全仏オープン4回戦で、世界ランキング7位の錦織圭(29)が、同38位のブノワ・ペール(30=フランス)と対戦。セットカウント1―1で迎えた第3セットを6―2で奪いリードしたが、日没サスペンデッドとなった。大会会場である「ローランギャロス」はナイター設備がないため、試合は3日に順延となり、第2コートの第2試合に組み込まれた。

 4大大会制覇が目標の錦織に関して、興味深いデータがある。

 選手が4大大会を制覇するまでに要した4大大会の出場回数のことだ。

■全仏Vなら37大会目

 それによると最も長くかかったのが2001年の全英を制したイワニセビッチ(クロアチア)の48大会目。これに続くのは14年の全豪を勝ったワウリンカ(スイス)の36大会目。1998年の全豪を制したコルダ(チェコ)の34大会目、14年の全米を勝ったチリッチ(クロアチア)の29大会目、12年の全米を制したマリー(イギリス)の28大会目と続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚