全仏OP日没順延 錦織が4大大会で勝てない“データと根拠”

公開日: 更新日:

 ローランギャロスの壁に阻まれて仕切り直しである。

 2日の全仏オープン4回戦で、世界ランキング7位の錦織圭(29)が、同38位のブノワ・ペール(30=フランス)と対戦。セットカウント1―1で迎えた第3セットを6―2で奪いリードしたが、日没サスペンデッドとなった。大会会場である「ローランギャロス」はナイター設備がないため、試合は3日に順延となり、第2コートの第2試合に組み込まれた。

 4大大会制覇が目標の錦織に関して、興味深いデータがある。

 選手が4大大会を制覇するまでに要した4大大会の出場回数のことだ。

■全仏Vなら37大会目

 それによると最も長くかかったのが2001年の全英を制したイワニセビッチ(クロアチア)の48大会目。これに続くのは14年の全豪を勝ったワウリンカ(スイス)の36大会目。1998年の全豪を制したコルダ(チェコ)の34大会目、14年の全米を勝ったチリッチ(クロアチア)の29大会目、12年の全米を制したマリー(イギリス)の28大会目と続く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る