錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

公開日: 更新日:

「いまのテニスで大切なことは、いかに早く、しっかりとしたチーム体制をつくれるかだ」

 テニスの4大大会をすべて制し、4大大会だけで20勝しているフェデラー(37・スイス=世界ランク3位)がこんなことを言っている。

 ナダル(33・スペイン=同2位)の3年連続12回目の優勝で幕を閉じたテニスの全仏オープン。

 そのナダルに準々決勝でストレート負けの8強止まり、4大大会どころか格下のマスターズ1000すら勝っていない錦織圭(29=同7位)はどうか。今回の全仏がそうだったように、強豪と対戦する以前にスタミナを使い果たすパターンから抜け出せないのは「チーム体制」に問題があるからではないか。

 テニス界のトッププレーヤーたちは、ひんぱんにコーチを代える。ジョコビッチ(32・セルビア=同1位)はバイダ、ベッカー、アガシ、ステパネクらをコーチに雇ったし、フェデラーにしてもイゲラス、ランドグレン、カーター、エドバーグ、アナコーン、ルティらをコーチにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る