錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

公開日: 更新日:

「いまのテニスで大切なことは、いかに早く、しっかりとしたチーム体制をつくれるかだ」

 テニスの4大大会をすべて制し、4大大会だけで20勝しているフェデラー(37・スイス=世界ランク3位)がこんなことを言っている。

 ナダル(33・スペイン=同2位)の3年連続12回目の優勝で幕を閉じたテニスの全仏オープン。

 そのナダルに準々決勝でストレート負けの8強止まり、4大大会どころか格下のマスターズ1000すら勝っていない錦織圭(29=同7位)はどうか。今回の全仏がそうだったように、強豪と対戦する以前にスタミナを使い果たすパターンから抜け出せないのは「チーム体制」に問題があるからではないか。

 テニス界のトッププレーヤーたちは、ひんぱんにコーチを代える。ジョコビッチ(32・セルビア=同1位)はバイダ、ベッカー、アガシ、ステパネクらをコーチに雇ったし、フェデラーにしてもイゲラス、ランドグレン、カーター、エドバーグ、アナコーン、ルティらをコーチにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る