鹿島安部にバルサからオファー 久保レアル入りの意趣返し

公開日: 更新日:

 ある意味「久保以上の衝撃」だった。鹿島の20歳MF安部裕葵の元に3日、スペインの名門バルセロナから移籍オファーが届いたことがわかった。

 6月14日に発表された18歳MF久保建英レアル・マドリード入りは、バルサの下部組織出身の久保が<よりによって宿敵レアル入り>という意味合いもあり、世界中から注視された。そして安部のバルサ移籍報道である。

 確かに将来性豊かなMFだ。広島・瀬戸内高から2017年に鹿島入り。18年12月のクラブW杯準決勝のレアル・マドリード戦などで好パフォーマンスを披露して知名度を上げた。もっとも背番号10に昇格した今季は調子が上がらず、J13試合中スタメンは6試合。ゴールもわずかに1。それだけに「バルサからの移籍オファー」にはサッカー界もビックリなのだ。

「レアルもバルサも世界に名だたるビッグクラブだが、お互いのライバル心が激し過ぎて第三者から見ると<子供じみた意趣返し>をやることがしばしば。たとえば久保です。バルサにはレアルに横取りされた感覚しかなく、不快感を覚えた上層部が『将来性豊かな若き日本人MFを引き抜いてこい。レアルに我が物顔をされたくはない』と現場に指令を出した――とスペインではもっぱら」(サッカー関係者)

 久保のレアル入りがなかったら、バルサは安部にオファーを出さなかったかも知れない。安部の気持ちはバルサに傾いているというが、世界屈指の名門で活躍できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    “バブル崩壊”の証拠画像!柔道「銀」のジョージア代表ご一行が東京タワーに出没

  6. 6

    “キツい顔”今田美桜は宝くじCMでコメディエンヌの才能を開花させた

  7. 7

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  8. 8

    【卓球】シングルス惨敗の要因は「Tリーグ」か…中国は徹底した防御策を敷いてきた

  9. 9

    抗体カクテル「ロナプリーブ」の実力は? 菅首相の唐突宣言で注目、新型コロナから国民を救えるのか 

  10. 10

    ワクチン前倒し要請はスルーされ…菅さんも河野さんも使えないったらないのだけれど

もっと見る