鹿島安部にバルサからオファー 久保レアル入りの意趣返し

公開日: 更新日:

 ある意味「久保以上の衝撃」だった。鹿島の20歳MF安部裕葵の元に3日、スペインの名門バルセロナから移籍オファーが届いたことがわかった。

 6月14日に発表された18歳MF久保建英のレアル・マドリード入りは、バルサの下部組織出身の久保が<よりによって宿敵レアル入り>という意味合いもあり、世界中から注視された。そして安部のバルサ移籍報道である。

 確かに将来性豊かなMFだ。広島・瀬戸内高から2017年に鹿島入り。18年12月のクラブW杯準決勝のレアル・マドリード戦などで好パフォーマンスを披露して知名度を上げた。もっとも背番号10に昇格した今季は調子が上がらず、J13試合中スタメンは6試合。ゴールもわずかに1。それだけに「バルサからの移籍オファー」にはサッカー界もビックリなのだ。

「レアルもバルサも世界に名だたるビッグクラブだが、お互いのライバル心が激し過ぎて第三者から見ると<子供じみた意趣返し>をやることがしばしば。たとえば久保です。バルサにはレアルに横取りされた感覚しかなく、不快感を覚えた上層部が『将来性豊かな若き日本人MFを引き抜いてこい。レアルに我が物顔をされたくはない』と現場に指令を出した――とスペインではもっぱら」(サッカー関係者)

 久保のレアル入りがなかったら、バルサは安部にオファーを出さなかったかも知れない。安部の気持ちはバルサに傾いているというが、世界屈指の名門で活躍できるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る