錦織圭4大大会5連続8強 好調の裏に“恋人との一軒家ステイ”

公開日: 更新日:

 ここまでは相手も楽だった。

 世界ランク7位で第8シードの錦織圭(29)は、4回戦で同58位のククシュキン(31=カザフスタン)と対戦。過去8戦全勝の相手をセットカウント3―1で退け、2年連続の8強進出を決めた。4大大会は昨年のこの大会から5大会連続のベスト8入りである。

 この試合の前に行われた女子シングルス4回戦が今大会史上最長を記録。試合開始が遅れ、難しい調整を強いられ、第2セットは今大会初めてセットを落とす苦しい展開。その後は競り合いを制して2時間43分の戦いにケリをつけた。

 1回戦の相手は予選勝者で同113位、2回戦55位、3回戦71位。そしてこの日の相手は58位。かなりの格下相手を難なく退け、グランドスラムで4回戦を突破してのベスト8進出は5大会連続だ。優勝こそないが、大舞台で安定した成績を残している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  2. 2

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  8. 8

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  9. 9

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る