錦織圭ウィンブルドン3回戦へ 初戦に続き省エネ勝利の裏側

公開日: 更新日:

「ストレートで勝ててよかった。いいプレーができたし、特に最終セットは完璧な内容だった」――。

 ウィンブルドン選手権男子シングルス2回戦で圧勝した錦織圭(29)が満足そうな表情を見せた。

 この日は世界ランキング55位のキャメロン・ノーリー(23=英国)相手に終始、圧倒した。鋭く正確なフォア、バックを繰り出し、武器であるネットプレーでは巧みなラケットさばきを何度となく披露。地元の英国選手を、わずか1時間48分で退け、初戦(2時間10分)に続くストレート勝ちで3回戦進出を決めた。

 試合後の錦織は「プレーがすごい安定して自分がミスをしなさそうだと感じたのは3セット目。2、3ゲーム目ぐらいにミスなくプレーできそうだ、という感覚があった」と、手応えを口にする余裕も見せた。

「昨年、芝でのプレーが分かったような感覚があった。それがリラックスできる要因のひとつかもしれない」と自己分析した通り、フィジカル、メンタル両面での充実が好調につながっているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る