日ハム金子千尋がまさか…六回無安打の快投でも降板の波紋

公開日: 更新日:

 まさかの展開だ。

 23日、日本ハム金子千尋(35)が6回無安打投球の快投。ノーノーへの期待が高まるも、七回に公文に交代。その公文が吉田正に右前打を許すと、1死後にモヤに2ランを浴びた。試合には勝ったものの、ヒヤヒヤの展開だった。金子は六回終了時で今季最多の92球。昨年は故障に泣いたこともあり、無理をさせないとの判断だったのかもしれない。が、問題は後を任される投手たちだ。

「今季はショート先発を導入。開幕当初よりは先発が投げる球数、イニング数は増えてはいる。八回、九回を任される投手は投げるタイミングが決まっているからまだしも、先発がいつ降板するかがわからない中で、リリーフは準備をしないといけない。しかもこの日の公文は、無安打投球からバトンを受けている。精神的な負担はより大きかったはずです。リリーフ陣が最後までもつかどうか」

 とクビをひねるのは、日ハムOBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  4. 4

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

もっと見る