日ハム金子千尋がまさか…六回無安打の快投でも降板の波紋

公開日: 更新日:

 まさかの展開だ。

 23日、日本ハムの金子千尋(35)が6回無安打投球の快投。ノーノーへの期待が高まるも、七回に公文に交代。その公文が吉田正に右前打を許すと、1死後にモヤに2ランを浴びた。試合には勝ったものの、ヒヤヒヤの展開だった。金子は六回終了時で今季最多の92球。昨年は故障に泣いたこともあり、無理をさせないとの判断だったのかもしれない。が、問題は後を任される投手たちだ。

「今季はショート先発を導入。開幕当初よりは先発が投げる球数、イニング数は増えてはいる。八回、九回を任される投手は投げるタイミングが決まっているからまだしも、先発がいつ降板するかがわからない中で、リリーフは準備をしないといけない。しかもこの日の公文は、無安打投球からバトンを受けている。精神的な負担はより大きかったはずです。リリーフ陣が最後までもつかどうか」

 とクビをひねるのは、日ハムOBだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  2. 2

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  6. 6

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  9. 9

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  10. 10

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<2>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る