春日良一
著者のコラム一覧
春日良一元JOC職員・スポーツコンサルタント

長野県出身。上智大学哲学科卒。1978年に日本体育協会に入る。89年に新生JOCに移り、IOC渉外担当に。90年長野五輪招致委員会に出向、招致活動に関わる。95年にJOCを退職。スポーツコンサルティング会社を設立し、代表に。98年から五輪批評「スポーツ思考」(メルマガ)主筆。

世界水泳の表彰台で見えたナショナリズムと人種間権力争い

公開日: 更新日:
表彰式で登壇を拒否したホートン=左、中央が優勝したした中国の孫楊 (C)Insidefoto/共同通信イメージズ

 7月28日まで韓国・光州で開催されていた第18回世界水泳選手権は、ドーピング問題で揺れた。2012年ロンドン、16年リオと五輪2大会の金メダリスト、孫楊選手(中国)が同大会の男子自由形400メートルと200メートルで2冠を達成。しかし、400メートル銀のマック・ホートン選手(豪…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  9. 9

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る