死球→大乱闘から一夜…西武山川は意地の「完璧」決勝34号

公開日: 更新日:

 14日のオリックス戦。西武が4点を追う三回、同点に追い付いてなおも2死三塁のチャンスで死球を食らったのが山川だ。

 試合開始時点でリーグトップの33本塁打。内角を攻められるのは強打者の宿命とはいえ、両軍合わせて5死球、乱闘騒ぎで3人の退場者が出た翌日の試合だ。開始前に両監督が“和解”したらしいが、リーグトップに並ぶ13死球目を食らった本人には内心、期するものがあったに違いない。

 西武が1点を追う八回無死一塁で、この日4回目の打席が回ってきた山川の当たりは、左翼スタンドに飛び込む特大の逆転34号2ラン。これが決勝打となって西武は5連勝だ。

「このところ調子が出なくて一生懸命、バッティング練習をしていたからね。山川のホームランはチームを変える。彼の本塁打で勝てたことがうれしい」と相好を崩したのは辻監督。ぶつけられたモヤモヤを本塁打で晴らした山川は「競った場面で打って勝てたことは本当にうれしい。完璧な当たりだったと思う」と自画自賛した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  4. 4

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る