死球→大乱闘から一夜…西武山川は意地の「完璧」決勝34号

公開日: 更新日:

 14日のオリックス戦。西武が4点を追う三回、同点に追い付いてなおも2死三塁のチャンスで死球を食らったのが山川だ。

 試合開始時点でリーグトップの33本塁打。内角を攻められるのは強打者の宿命とはいえ、両軍合わせて5死球、乱闘騒ぎで3人の退場者が出た翌日の試合だ。開始前に両監督が“和解”したらしいが、リーグトップに並ぶ13死球目を食らった本人には内心、期するものがあったに違いない。

 西武が1点を追う八回無死一塁で、この日4回目の打席が回ってきた山川の当たりは、左翼スタンドに飛び込む特大の逆転34号2ラン。これが決勝打となって西武は5連勝だ。

「このところ調子が出なくて一生懸命、バッティング練習をしていたからね。山川のホームランはチームを変える。彼の本塁打で勝てたことがうれしい」と相好を崩したのは辻監督。ぶつけられたモヤモヤを本塁打で晴らした山川は「競った場面で打って勝てたことは本当にうれしい。完璧な当たりだったと思う」と自画自賛した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る