SB柳田が復活弾で健在アピール…長期離脱はケガの功名か

公開日: 更新日:

 打った瞬間、それとわかる一発を左翼スタンドに叩き込んだ。

 ソフトバンクの柳田(30)が22日のオリックス戦で、復帰後初アーチ。2点リードの七回、逆方向に貴重な追加点となるソロを放った。

 柳田は4月に左ヒザ裏の肉離れで戦線離脱。当初は球宴前後の復帰が見込まれていたが、回復が遅れ、21日からの合流となった。

 柳田は故障が多く、フル出場した2014年以外はほぼ毎年、何らかのケガで戦線離脱している。故障過多の原因は不明。球団内では「疲労が回復しにくい体質なのかもしれない」という声も出ている。

 だが、その説が本当なら、今回の長期離脱はむしろ「ケガの功名」ではないか。柳田は外野のレギュラーに定着した14年以降、負傷を抱えながらも最低120試合には出ている。柳田自身、なかなかケガが治らないことについて「苦しい部分もあった」と話したが、体調を考えればいい“リフレッシュ”になったはず。

 ライバル球団にとって、一番嫌な打者が戻ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  7. 7

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る