ゴジラ以来の20号 ヤクルト村上を刺激するルーキーの存在

公開日: 更新日:

 四半世紀ぶりの「記録」だそうだ。

 3日、ヤクルト村上宗隆(19)が広島戦で今季20号となるプロ初の満塁本塁打。高卒2年目以内の20本は1994年松井秀喜以来、25年ぶりの快挙となった。

 メジャーでも活躍したゴジラを引き合いに出された村上は「肩を並べるほどの選手じゃない。これからもっと練習して頑張りたい。(チームは)まだ借金があるんでね。僕のせいで負けた試合もいっぱいありますし、これから勝てるようにもっともっと頑張りたいなと思います」と謙遜した。

 本人が省みるように、守備は相変わらず。失策数はリーグワースト2位の12だが、それを帳消しにするようなバッティングの魅力は他球団からもお墨付きを得ている。パ“本塁打王”の山川を常に間近で見ている西武の辻監督も「(球宴で)一番ナマで見てみたいのは村上」と“指名”していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

  9. 9

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る