開催迫ったW杯が今後の日本ラグビー界の命運を握っている

公開日: 更新日:

 ラグビーを通して仲間との絆を深め、自分自身の言動に対して自信を持つ――。僕が少年時代に経験した感動とラグビーの持っている人間形成力を少しでも多くの子どもたちに伝えたい。

■2つの頂点 両輪に

 これからは〈プロを目指すラグビー〉と〈人間教育に重きを置いたアマチュアラグビー〉という違った頂点をつくり、この2つを両輪として日本ラグビーを発展させるべきだと考えます。だからこそ! 目前に迫った日本開催のW杯が今後の日本ラグビー界の命運を握っていることは間違いありません。

 今年に入ってからのジャパンは「サンウルブズ」というスーパーラグビー用チームと「ウルフパック」という代表強化用チームに代表選手を振り分けて強化を進めていましたが、当初はメンバーがなかなか固まらないのでチームづくりが遅れている印象でした。ところがジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)率いるジャパンは、W杯本番前のテストマッチで連勝して調子は上々です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る