不動のプロップ畠山健介さんが語る ラグビーW杯大会の行方

公開日: 更新日:

 9月20日のラグビーW杯日本大会開幕まで2カ月を切った。2016年に就任したジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49=ニュージーランド)率いる日本は史上初の8強入り(準々決勝進出)がかかる。前回15年大会(イングランド)では1次ラウンド初戦で強豪南アから歴史的勝利を挙げるなど、過去最多の3勝をマークした日本。エディー・ジョーンズ前HC(現イングランド)の下、日本の躍進に貢献した不動のプロップに今大会の日本の可能性を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

  ――前回は、開幕前から手ごたえがあったのですか?

 W杯直前のテストマッチで、14年に対戦した際、スクラムで劣勢に立たされ、ラインアウトからのモールで押されてトライを奪われるなど、コテンパンにされたジョージアに勝てたのです。相手も調整ではなく、W杯本番に向けた布陣で臨んできた。そのジョージアに対して勝ち切れたので、やってきたことが成果として表れていると、試合を通して感じられた。それがひとつのきっかけですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る