虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

公開日: 更新日:

 驚異的な守備力を誇り、昨年まで6年連続ゴールデングラブ賞を受賞。昨季までの広島のリーグ3連覇に大きく貢献した球界を代表する二塁手だ。今季は得点圏打率.352でリーグ2位。勝負強い打撃力も兼ね備えている。

 今年5月、出場選手登録が8年に達し、国内FA権を取得した。ただし、菊池涼はポスティングシステム(入札制度)での米大リーグ移籍を視野に入れている。もともと志向があり、2017年に日本代表としてWBCを戦い、その思いを強くした。MLBの公式サイトで紹介され、メジャー関係者にも知られる存在だ。昨年末の契約更改後の会見で「来年(国内)FAということで、ポスティングをお願いしますと伝えました。野球をやっている以上、トップのレベルでやりたい」と公言もしている。

■原監督「ああいう選手を見つけてこい」とゾッコン

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る