虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

公開日: 更新日:

 急務とされるチームの若返りのため、鳥谷の獲得は見送ることになるというのだ。が、「若返りとは違います」と球界関係者がこう言った。

「近い将来の原監督の内野の構想は、30歳になり腰痛や下半身のコンディション不良を抱えながら結果を出し続ける坂本勇を、少しでも守備の負担が少ない三塁へコンバートする。遊撃には原監督が『三遊間の深いところからのスローイングは(坂本)勇人に匹敵するか、もしくはそれ以上』と能力を高く評価する吉川尚が入る。空いた二塁は若手枠、ではありません。原監督が第2次政権の時から目をつけている“本命”がいる。だから巨人は昨年の浅村も獲得にすら乗り出さなかったともっぱらです」

 巨人は昨オフ、西武から4年総額20億円以上とされる大型契約で楽天へFA移籍した浅村の獲得に名乗りを上げなかった。「同じ二塁手の広島・菊池(涼介=29)が本命だから」(前出の球界関係者)と言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  3. 3

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  4. 4

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  8. 8

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  9. 9

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  10. 10

    ワイドショーのラグビーW杯解説 秀逸なのはテレ朝の玉川徹

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る